ショパン ノクターン

ピアノコース、土曜の生徒さん、20代後半の男性が今練習しているのは

ノクターン16番変ホ長調Op.55-2

ショパンの21曲あるノクターンの中で、難しい曲の一つと思いますが、

練習を重ねるごとに新しい発見があります。

旋律が素晴らしい曲です。

トリルやら旋律の重なりや5連符と今苦戦中ですが、

毎週レッスンに来るたびに上達している彼は何者なんだと思うくらい練習してます。

社会人としてきちんと専門的な仕事をしながらの練習、

ピアノを始めて、まだ足かけ4年くらいかと思いますが、

この素晴らしい上達ぶり、

ピアノは小さいころからやらないとダメなんて

それは間違ってましたよ。

みなさん、ピアノはいつからでも大丈夫です!!060.gif

そして、ピアノは女の子の習い事っていうのもまちがい。

今教室では男の子もだんだん増えてきました。

さあ、ショパンを弾いてみませんか?

で、私は20番のノクターンを今おさらいしてます。

ノクターン20番嬰ハ短調(遺作)は映画「戦場のピアニスト」で使われてた曲です。

これもとっても素敵な曲ですよ。

そして彼が持ってるノクターン集は遺作の21番まで入ってます。

私のノクターン集には入ってなくて、ちょっと損した気持ち。

ノクターンは全部で21曲、本当に有名なものから、あまり弾かれない曲もありますが、

どれも旋律がとても甘くて素敵な曲ばかりです。

ショパンのノクターン、しばらく弾き続けてみようと思います。
[PR]
by music_forest | 2012-04-01 02:32 | お薦め曲

梅雨ですが・・・


こんにちは、クラリネット講師の木下です。


梅雨入りしましたが、雨の日が少なく湿気が苦手な

クラリネットにとっては少しラッキーな日が続いています。


さて、今日はクラリネットのことを少しだけ紹介させてください。

クラリネットはもともとはリコーダーのようなシンプルな作りで、

音域がさほど広くない楽器でした。

その後、どんどん改良が重ねられ一本でたくさんの音が出せるようになり、

今では管楽器の中でも音域が最も広いものの一つに位置付けされるように

なりました。

つまり、演奏できる曲目もジャンルを問わず幅広く選んでいただけます。

はじめての方には、木そのものの温かい音色を生かすようなゆっくりとした

曲もいいですし、テンポの速いジャジーな曲も演奏できてしまうのが

クラリネットのおもしろさです。


現在も音色や吹きやすさを追求して世界の職人さんたちがより良い

クラリネットを産み出そうしています。


雨で外出しにくい日には、部屋でお好きな音楽を聴いて

お気に入りの曲を探してみてはいかがでしょうか♪

クラリネット 木下
[PR]
by music_forest | 2009-06-19 22:07 | お薦め曲

ソナチネ5番

ベートーベン作曲

ソナチネ第5番ト長調第1楽章
今月はあの偉大な作曲家の小さな作品
二つのソナチネのト長調の作品です。

ベートーベンと言えば
交響曲やピアノソナタなどを思い浮かべ
雄大な作品が多いように思います。
でもとても繊細でかわいい曲も沢山あります。
エリーゼのためにもその一つです。

ピアノソナタもそれぞれ美しい曲がたくさんありますが、
今月はソナチネ第5番といわれてる曲です。
このソナチネは2楽章からできています。
第1楽章はメロディがとても素敵なのです。

スラーに気をつけて弾けば、
とてもエレガントでかわいいです。
中間部の下降する音階も
終わりのメロディもとにかくかわいいメロディのなかに
とても気品が感じられるのです。

そして伴奏の左手はそのメロディにほんとに
寄り添うように流れていきます。
ですからこの曲を弾くときは
耳を澄まして、きれいな音で弾きます。

素直な気持ちで、弾いてみてくださいね!

この曲はたぶん発表会で聴くことができるでしょう。
ピアノが、音楽がとても好きな女の子が弾きます。


これからは発表会で弾かれると思われる曲を
紹介していきますね。
[PR]
by music_forest | 2008-03-28 01:39 | お薦め曲

秋川雅史の「威風堂々」というCDを前にじいさまに買ってあげたんですが、
それは「千の風になって」という曲を気に入って、頼まれたものです。
で、いっぱい曲がはいってるのがいいだろうと「威風堂々」を買いました。

いろいろな曲があって、
私は「タイム セイ ツウ グッド バイ」が好きなんですが、
忙しくて、そのまま渡したままでした。
じいさまとことぶきばあちゃんは何度も何度も聴きました。
そう「千の風になって」のみを。。。。

昨日あげはがじいさまとことぶきばあちゃんにコンポを買ってもらい、
それを試しに聴くことに。。。
「千の風になって」です。これも素敵な曲ではありますが。。。
「タイム セイ ツウ グッド バイ」を聴こうよというと、なんだか知らなさそう。
まさか聴いてない?

まさかでした。じいさまとことぶきばあちゃんは
このCDの「千の風になって」しか聴いてなかった。

「タイム セイ ツウ グッド バイ」、これは本当に聴くたびに心に染み渡ります。
イタリア語と英語、意味がわからなくても、涙がでてきそうです。
今までつらかったこと、しんどかったことも、すっと消えていくような。。。

みなさんも聴いてくださいね。
[PR]
by music_forest | 2007-06-27 21:03 | お薦め曲

荒野のバラ

オススメというより、懐かしい思い出の曲です。

今月のホームページの曲はランゲの「荒野のバラ」
レベルの高い人からみれば易しい曲の一つですが、
子供たちには人気のある曲です。
私もこどものときに他の子が弾いてるのを聴いて、弾きたいなあと思いながら、
この曲とは縁がなかったのか、子どもの頃には弾くこともなく、
ピアノを教えるようになって、思い出した曲です。

広い野原で一重のノバラがあちこちに咲いていて、
その中でお弁当を食べたり、散歩したり、ダンスしたり、歌ったり、
本当にすてきなひと時が音楽になった感じです。

あげはが小学校2年のときに発表会で弾いた曲でもあります。
そのときあげははなぜかオクターブ低く弾いて、ぞうさんのばらって感じで、
大笑いした記憶があります。

バイエルを終えたレベルの子にこの曲を渡しますが、
最後の部分がとても華やかで、きれいな曲です。
みんなにこの曲を弾いてもらいたいなあと思います。

5月にぴったりの曲ですね。
[PR]
by music_forest | 2007-05-05 18:09 | お薦め曲

パッヘルベルのカノン

教室のホームページコンテンツのBGMにしている曲をご紹介しましょう。
パッヘルベルのカノンという曲です。

パッヘルベルのカノンはクラシックにあまり興味のない人でも知っていてる曲ですね。

中学の音楽の教科書にこの曲を原曲にした「遠い日の歌」が載っているので、それをきっかけに学校でも聴いてるかもしれません。

同じ旋律が何回も繰り返しされていて、
心地よいメロディが心を落ち着かせます。

パッへルベルはドイツの作曲家でバロック期の音楽です。バッハのお父さんとも知り合いで、バッハのお兄さんの先生でもあったのです。

この曲は「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグニ長調」の第1曲です。
カノンというのは同じメロディをちがう時点から、複数開始して演奏する形ですが、パッへルベルのカノンは3つの声部が全く同じメロディをおいかけっこして伴奏が付けられてますので、
ピアノの楽譜では右手は何個かメロディを同時に弾いていることになります。
ゆっくりなので、それほど難しいことはないですが、
手の小さい子はさすがにしんどいので、
小学校の高学年か中学生が弾いています。

うちの教室の地域の中学校は合唱が盛んで、
毎年学年対抗で合唱コンクールをしています。
3年生の課題曲が「遠い日の歌」で、
それを聴いた1,2年の子はこのカノンを弾きたい
と言ってくることが多いですね。

最後の盛り上がりが難しいですが、弾けるようになると達成感があります。
あげは先生は小学校のときに弾いて以来、いつでも弾いてるお気に入りの曲です。

この曲を聴いていると気持ちが落ち着くのと同時になんだか生きる力とか元気とか出てきそうです。
これを読んで弾きたくなった人は、先生まで遠慮なく言ってください。
ただし、ソナチネはやってないとしんどいですよ!
(^^)

カノン(ペッへルベル)Wikipedia
[PR]
by music_forest | 2006-11-21 13:03 | お薦め曲

ホールニューワールド

ディズニーのアラジンの曲です。

子供たちも大好きな曲です。少しリズムが難しいですが、
よく聴く曲なので、頑張って練習してます。
少し易しい目のアレンジでも楽しそうです。

夏ごろにもうすぐ留学する学生が難しいアレンジの方を
練習してました。音楽は万国共通ですから、
何か弾けるようにと練習しておきたいってことで
何曲か練習したうちの一つです。
とっても素敵な曲に仕上がって、
彼女はアメリカに旅立って行きました。
今頃寮のピアノで弾いてくれてるかな?
春ごろ帰ってくるので、いろいろお話が楽しみです。

原曲はデゥエットなんですが、
先日サックスとピアノでこの曲を演奏されてるのを聴きました。
最近サックスを始められたサックスコースの生徒さんが、
どなたかの結婚式で奥様のピアノと演奏されるということで、
人前で弾く練習をされるのに聴かせて頂きました。
とても緊張されてたのですが、かわいい奥様のピアノに合わせて
一生懸命サックスを吹いていらっしゃいました。
本当に素敵でしたよ。
ご夫婦で音楽を楽しまれていて、とても和やかで、
微笑ましくて、音楽っていいなあと感じました。
結婚式で演奏されるのですが、
きっと花婿さんや花嫁さんもこんなご夫婦になりたいなあと
思われるはずです。

ひさしぶりに和んだひとときでした。
[PR]
by music_forest | 2006-11-16 07:11 | お薦め曲

http://uehamusic.com/ うえはミュージックフォレストのレッスン日記です
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31